速読

速読

 

速読のデメリットとメリット

物事には、デメリットとメリットが付き物なんですが、速読にも、デメリットとメリットがあります。

 

まず、速読のデメリットから、ご紹介すると、「意外と疲れる」いう事です。
「速読だから、座ってトレーニングするだけないの?」と思うかもしれませんが、目の視野や文字を追うスピードをあげる速読のトレーニングの場合だと、慣れない間は、疲労感が出てきやすいんです。
記憶力や読解力をアップさせる速読のトレーニングも、脳を鍛えるので、スポーツをするといった疲れとは
違うのですが、これも疲労感が出てくるようです。

 

余り最初に頑張りすぎてしまうと、続かなくなってしまうし、疲れ目といった眼の病気になりやすいので、
最初の内は、「慣れる」事を目的にした方が、良いかもしれないですね。

 

次に、速読のメリットについてですが、一番知られているのは、読書量がアップするです。
例えばですが、今まで1冊1時間かかっていたのが、30分か、それ以下の時間で読めるようになるので、
1日で、かなりの量の本を読む事が出来ます。

 

速読が出来るようになると、ただ沢山読めるようになるだけでなく、キチンと記憶が残るので、何度も
読み返す事がなくなります。
そして、一度に読める範囲というのが、広くなるから、試験のような「限られた時間で読む」という場合に、
便利です。

 

慣れない間は疲れやすいというデメリットを克服すると、速読というのは、読書量、記憶力や読解力のアップと
メリットが多いと思うので、「マスター出来たら、良いスキル」といえるかもしれませんね。

LINK

診察券の作成なら、安価な紙のものからIC搭載カードまで、業界の中でも一番バリエーションの多いカードです。日本カード印刷では、各種ご希望や用途にあった診察券の作成・印刷を承っております。
診察券の制作・印刷の詳細はこちら

 

関連記事

メニュー

お役立ち